« 2014年4月 | トップページ

2014年5月

2014年5月20日 (火)

湘南モノレールのトンネルで動画を撮影してきました

今月上旬頃、私は関東(主に東京・川崎・鎌倉・江の島方面)を旅行してきたのですが、その際、湘南江の島駅から大船駅まで、湘南モノレールに乗ってきました。

下の動画は、今回、湘南モノレール先頭車の車内から私が撮影してきた正面車窓の動画で、平成22年9月29日の記事にも書いたように湘南モノレール江の島線には2つのトンネルがあるのですが、これは、そのうち湘南江の島~目白山下間にある山中のトンネルを通過する際に撮影した動画です。
懸垂式モノレールのトンネルは珍しいので、今回は、写真ではなくあえて動画で撮影してきました。

鉄道のトンネルなのに、トンネルの床面に線路が敷設されていない(何も無いただのコンクリート面が広がっている)というのは、やはり新鮮でした。
ちなみに、排水のためか、トンネル床面は、左右の側壁から中央部に向かって傾斜しておりましたが、これは、道路のトンネルや一般の鉄道トンネルではほぼ全く見られない、懸垂式モノレールのトンネルならではの特徴だと思います。

また、車体がレール全体に跨る構造からどうしても断面積が大きくなってしまう跨座式モノレールのトンネルに比べると、トンネルとしてはやはり小ぶりであり、これも、懸垂式モノレールのメリットの一つだと思います。
東京モノレールの羽田空港地下のトンネルは、見るからに断面積がかなり大きいですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

かつて日蓮が入獄されていたと伝わる龍口寺の御霊窟

先週、1泊2日の日程で関東(主に東京・川崎・鎌倉・江の島方面)を旅行してきたのですが、その旅行での2日目の早朝、藤沢市片瀬(江の島のすぐ近く)にある、日蓮宗霊跡本山の龍口寺という寺院を参拝・見学してきました。

ここは、鎌倉時代は刑場だった地で、日蓮宗の開祖・日蓮が、鎌倉幕府や諸宗を激しく批判した事から、幕府の実験を握っていた北条氏得宗家の御内人・平頼綱により処刑されそうになった地でもあります。
結局、刑は中止されたのですが、日蓮宗では開祖が斬首されそうになったこの事件を「龍ノ口法難」と呼び、日蓮四大法難の一つとしており、この法難の後、日蓮の弟子である日法はこの地を「龍ノ口法難霊蹟」としてお堂を建立しました。
それが、龍口寺創建の由緒と伝わっています。

下の写真は、その龍口寺の境内で私が見てきた、「御霊窟」と称される小さな洞穴です。
龍ノ口法難の際、処刑が執行されまでの間、日蓮が一時的に入獄されていたと伝わる土牢で、内部に照明が無いため下の写真ではほとんど分かりませんが、現在はこの洞穴内に日蓮像が安置されています。

_1

_3

この御霊窟は、日蓮宗の寺院や信者にとっては祖師(日蓮聖人)に纏わる貴重な史跡(霊跡)のひとつでもあるので、私は日蓮宗の信者ではありませんが(そもそも仏教徒ではありませんが)、神仏が坐す聖地とされる場所を訪ねた者の礼儀として、本堂とこの御霊窟の前でそっと手を合わせてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ