« 阪神なんば線が高架から地下へと入る風景 | トップページ | 新青森~新函館間の北海道新幹線で最後のトンネルが完成 »

2012年10月 2日 (火)

韓国経済界の一部が日韓海底トンネルの建設を望んでいるそうです

平成20年8月22日の記事では、戦前・戦中に日本により計画されたものの結局実現する事は無かった対馬海峡横断海底トンネルの建設計画を紹介しましたが、何とこの計画、戦後六十有余年経った現在も、まだ完全に消滅してはいなかったようです。
しかも、日本ではなく韓国側が、この計画を推進したがっているようです。
以下は、日本最大の中国情報サイト「サーチナ」が9月26日に配信した記事からの転載です。

 

韓国経済界、「日韓海底トンネル建設を再開しよう」=韓国

韓国全国経済人連合会の朴三求(パク・サムグ)委員長は26日、ソウル市内で開かれた「観光産業特別委員会」であいさつし、韓国と中国、韓国と日本をそれぞれ結ぶ海底トンネルを建設し、観光客を誘致する必要があると述べた。複数の韓国メディアが報じた。
朴氏は、外国人観光客の50%を超える中国と日本の観光客をさらに取り込むためには、海底トンネルの建設などに対する論議を再開すべきと述べた。
朴氏は、「観光産業は経済が低迷する時に内需を活性化し、雇用を創出する最善の策」と述べ、韓国国内の観光商品の質を向上させるため、国立公園のケーブルカー設置といった観光インフラの整備や、サマータイム制の導入などを積極的に検討する必要があるとした。
一方、同委員会に出席した崔光植(チェ・グァンシク)韓国文化体育観光部長官は、韓国の国内観光の比重は先進国よりも低いと指摘。企業に対し、社員が自由に休暇をとれる環境作りや旅行プログラムの運用など、国内観光の活性化に協力するよう求めた。(編集担当:新川悠)

 

以下は、この件の関連サイトです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9F%93%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB
http://hamusoku.com/archives/7473738.html

 

日本側の反応としては、私がネットで見た限りでは、「韓国とトンネルと繋がる? 考えただけで嫌だ!」「日本に百害あって一利なし」「ふざけるな!!!断固拒否!こっちに寄って来るな!」など、概ね反対意見で一致しているという印象を受けます。
私としても、国論が反日でほぼ統一されている国(心情としては例え個人的に親日であったとしてもそれを公の場で堂々と言う事は許されない国)が、あえて日本に接近したがるのは理解し難いです。

もし将来、南北朝鮮が統一されたとしたら、その時は北朝鮮側から大量の難民が発生する事態は避けられないでしょうし、そして、朝鮮半島に統一国家が誕生するという事は、今以上にウンザリする程の巨大な反日国家が誕生するという事ですから、それを思うと、私としても、日韓を直結する海底トンネルの存在は、正直言って有難いものとは思えないです。

 

日韓両国の事情を考えると現時点では荒唐無稽ともいえるこの計画が、直ちに実現に向かって動き出すとは到底思えませんが、それでも、ロシアの一部勢力(主にサハリン州)が建設を計画している、日露を直結する宗谷海峡大橋の構想と共に、この日韓海底トンネルについても今後の動向には注視していこうと思います。
ちなみに、宗谷海峡大橋の計画については以下の記事で詳しく紹介させて頂きましたので、興味のある方は御参照下さい。
http://bridgelove.exblog.jp/8401452/
http://bridgelove.exblog.jp/8892513/
http://bridgelove.exblog.jp/9043939/

|

« 阪神なんば線が高架から地下へと入る風景 | トップページ | 新青森~新函館間の北海道新幹線で最後のトンネルが完成 »

中国・四国・九州のトンネル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035982/47454968

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国経済界の一部が日韓海底トンネルの建設を望んでいるそうです:

« 阪神なんば線が高架から地下へと入る風景 | トップページ | 新青森~新函館間の北海道新幹線で最後のトンネルが完成 »