« 韓国経済界の一部が日韓海底トンネルの建設を望んでいるそうです | トップページ | 謹賀新年 »

2012年10月25日 (木)

新青森~新函館間の北海道新幹線で最後のトンネルが完成

以下は、「最後のトンネル貫通 北海道新幹線 青森」というタイトルで昨日配信されていた、産経ニュースからの転載です。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/121024/aom12102402070000-n1.htm

 

平成27年度に開業する北海道新幹線の建設工事のうち、本県側トンネルで最長の津軽蓬田(よもぎた)トンネル(6190メートル、蓬田村蓬田-外ケ浜町蟹田(かにた))の掘削が終了し、23日、現地で貫通式が行われた。これで北海道側と本県側のトンネル12本すべての掘削が終了。関係者は27年度の函館延伸に向け、決意を新たにしていた。

同トンネルは「蟹田層」と呼ばれる、砂を主体にした崩れやすく掘削が難しい地質。このため、東北新幹線で施工実績のある「SENS工法」と呼ばれる特殊な方法で掘削した。
この工法はシールドマシンでトンネルを掘り進めると同時にコンクリートを打設して壁を造る方法で、これで21年11月の掘削開始から当初予定より約5カ月も早く貫通した。
蟹田側の出口で行われた貫通式には関係者約100人が出席。青山祐治副知事や森内勇外ケ浜町長、鉄道建設・運輸施設整備支援機構青森新幹線建設局の上田日出男局長らが除幕すると、直径11・3メートルのシールドマシンが姿を現し、貫通を祝った。

今後は、トンネルの付帯設備工事やレールの敷設工事、奥津軽駅(仮称)の建築工事などが順次進められ、上田局長は、「27年度の新函館駅開業に向け、最大限努力したい」と語った。

 

北海道新幹線の今後の動向については私もそれなりに関心を持っており、このニュースも、「北海道新幹線の開業もついに再来年に迫ったんだなぁ!」という実感と共に興味深く読ませて貰いました。

北海道新幹線のトンネルについては、4年前にこのブログにアップした以下の記事も併せて御参照下さい。
http://tunnellove.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-d418.html

|

« 韓国経済界の一部が日韓海底トンネルの建設を望んでいるそうです | トップページ | 謹賀新年 »

東北・関東のトンネル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035982/47589364

この記事へのトラックバック一覧です: 新青森~新函館間の北海道新幹線で最後のトンネルが完成:

« 韓国経済界の一部が日韓海底トンネルの建設を望んでいるそうです | トップページ | 謹賀新年 »