« 中世の霊場の雰囲気を今に伝える瑞巌寺洞窟遺跡群 | トップページ | JR山手線の下をくぐる、天井が低過ぎるトンネル »

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年

Cimg0036


あけましておめでとうございます


私が最も好きなトンネルは、完成から四半世紀を経ても今なお世界最長の海底トンネルとして君臨し続ける「青函トンネル」ですが、その青函トンネルの斜坑掘削開始から51年目、営業開始からは24年目となる新年を迎えて、その年頭に当り、同トンネルを始めとする北海道本州連絡ルート(青函航路や、現在建設中の北海道新幹線なども含みます)の益々の発展と、全国各地に建設されている全てのトンネルや地下道の安全、そして、トンネル・地下道等の建設や維持に関わる人達やいつもこのブログを読んで下さる読者様の御健勝・御繁栄を、心よりお祈り申し上げます。
本年も何卒一層の御指導・御鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

写真は、一昨年7月、青函トンネル内の海底部(海面下140m)に開設されている竜飛海底駅を見学した際に、駅名板の前で撮影して貰った私の写真です。


平成二十四年
西暦二千十二年
元旦

|

« 中世の霊場の雰囲気を今に伝える瑞巌寺洞窟遺跡群 | トップページ | JR山手線の下をくぐる、天井が低過ぎるトンネル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035982/43674771

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年:

« 中世の霊場の雰囲気を今に伝える瑞巌寺洞窟遺跡群 | トップページ | JR山手線の下をくぐる、天井が低過ぎるトンネル »