« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

現役で営業している地下街としては東京最古の「浅草地下商店街」

今月中旬、私は2泊3日の日程で東京方面を旅行してきたのですが、東京では浅草にも行ってきたので、以前から一度行ってみたいと思っていた「浅草地下商店街」に行ってきました。

浅草地下商店街は、昭和6年に開業した浅草雷門駅(現在の東武浅草駅)の開設に伴い建設された地下通路に並行する形で、昭和30年に建設されたそうですから、半世紀以上もの歴史を有している事になります。
東京最古の地下街らしく、天井を這う剥き出しの配管も見事な野趣満点の地下街で、上野駅の地下街が改装されてしまった今となっては、情緒という点においてもかなり貴重な存在の地下街といえます。

下の写真は、東武浅草駅正面広場にある、この地下街の出入口です。
地下鉄銀座線浅草駅の出入口も兼ねているのですが、御覧のように雨除けとなる屋根は無く、その荒削りな構造や、時代がかった「裸火厳禁」の表示など、独特な雰囲気を醸し出しています。

01


02

そして下の写真が、この地下街の内部です。
100m足らずの小さな地下街ですが、歩いている人の少なさ、雑多なお店の並び方、時々見られるちょっと怪しげなお店など、なんというか、とにかくレトロでカオスな雰囲気が満載でした(笑)。

03


04


05


06


07


08


09

まるで昭和の時代にタイムスリップしたかのような感覚に捉われる、完全に時代から取り残されている感じの不思議な地下空間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

十数年ぶりに日浦洞門を走ってきました

私は今週、函館市の椴法華地区(函館市に吸収合併されるまでは椴法華村だった地区)で開催された研修会に出席するため、1泊2日で函館に行ってきたのですが、自宅のある札幌からは鉄道やバスではなく自分の車で行ったため、函館市内では少し寄り道をして、函館の湯の川から、恵山まで、海岸線に沿って国道278号を走ってきました。

湯の川から恵山までの区間には、一本のトンネルで山を貫いてショートカットする現国道とは別に、海岸線に沿って何本もの短いトンネルを走り抜ける旧道区間も現存しているので、トンネルが大好きな私としてはやはりここを外す訳にはいかず(笑)、折角なので、日浦洞門という素掘りのトンネル群のあるこの旧道を走ってきました。
ここを通るのは十数年ぶりで、前回の時はバイクでの走行だったため、四輪で走るのは今回が初めてでした。

以下に、今回撮影してきた日浦洞門及びその前後の区間の風景の写真を貼付させて頂きます。
なお、日浦洞門については、平成20年8月11日の記事で詳しく紹介させて頂いたので、その概要等は今回の記事では省略させて頂きます。

Cimg0838


Cimg0839


Cimg0840


Cimg0842


Cimg0843


Cimg0845


Cimg0847


Cimg0848


Cimg0849


Cimg0850


Cimg0854


Cimg0855


Cimg0857

海岸沿いに連なる岩を素堀りで造られた細いトンネルが連続するこの地は、雄大な海と断崖絶壁に挟まれた迫力ある景勝地でもあり、手が届くほど津軽海峡が間近に迫っているためスリルもあり、ただ走っているだけでワクワクするような高揚感が味わえます。

下の写真は、日浦洞門を走り終えた後に振り返って撮影した、日浦洞門(の一部区間)の遠景です。

Cimg0861

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »