« DVD『黒部の太陽』 | トップページ | 札幌駅前通地下歩行空間、ついに開通! »

2011年3月 8日 (火)

国道駅ガード下に広がるトンネルのような異空間

先月下旬、2泊3日の旅程で横浜・東京・千葉方面を旅行してきました。
横浜は最初の日に一泊しただけで、翌日は午前中のうちにすぐ東京へと移動したのですが、横浜から東京へと移動する途中で、私は横浜市鶴見区にあるJR東日本・鶴見線の国道駅に立ち寄り、同駅とその周辺も見学してきました。

国道15号線を跨いでいる事からその名前が付けられた国道駅は、開業してからほぼ全く改築されておらず、そのため、昭和5年の開業当時の様子をそのまま今に伝えている貴重な駅で、特に、地下トンネルのような雰囲気の高架下の通路は、昭和時代のレトロな風情が色濃く残っていて興味深かったです。

Cimg9203

Cimg9213

Cimg9215

Cimg9219

Cimg9222

Cimg9224

山手線の新橋駅~有楽町駅間のガード下に南北に延々と続く通路もそうでしたが、あれに比べるとかなり規模は小さいもののここもまた、時の流れが止まっているという意味では激しく“異空間”といってよい場所だと思います。

|

« DVD『黒部の太陽』 | トップページ | 札幌駅前通地下歩行空間、ついに開通! »

東北・関東のトンネル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035982/39149146

この記事へのトラックバック一覧です: 国道駅ガード下に広がるトンネルのような異空間:

« DVD『黒部の太陽』 | トップページ | 札幌駅前通地下歩行空間、ついに開通! »