« まるで山岳霊場のような鎌倉の銭洗弁財天 | トップページ | 定山渓温泉街にある地下観音霊場 »

2010年10月15日 (金)

アルプス山脈を貫く世界最長のトンネルが今日貫通

今日、青函トンネル(全長53.85km)の記録を超える世界最長のトンネルが、スイスで貫通しました。
以下は、今日のYahoo!ニュースからの転載です。

世界最長、57キロのトンネル貫通=25年ぶり青函抜く―スイス

【ジュネーブ時事】スイス南部のアルプス山脈で掘削が進められていた全長56.7キロの鉄道トンネル「ゴッタルドトンネル」が15日、着工から約10年を経て貫通した。これにより、スイスとイタリアを結ぶ巨大プロジェクトの要所が完成。1985年に本坑が貫通した日本の青函トンネルが持つ約54キロの世界最長記録を25年ぶりに塗り替えた。
同トンネルはエルストフェルドとボディオの二つの町をほぼ直線でつなぐ。アルプス山脈の地下深くを南北に貫くことで平たんなルートとし、最高時速250キロでの運行が可能。2017年以降にスイス・チューリヒとイタリア・ミラノ間の所要時間を現在の3時間半から1時間程度短縮する計画だ。
貫通式はアルプス山頂の地下2300メートルのトンネル中央付近で行われ、多くの作業員らが見守る中、最後に残った厚さ1.5メートルの岩盤が掘削機で突き破られた。式に参加したロイエンベルガー運輸相は「プロジェクトを信じない人もいた。トンネル貫通で欧州の交通網が前進する」と成功をたたえた。

そして、以下は、今日の産経ニュースからの転載です。

青函トンネル抜かれる スイスで世界一の57キロが貫通

スイス・アルプスを貫く世界最長となる約57キロの鉄道トンネル「ゴッタルドトンネル」が15日、貫通した。津軽海峡を隔てた青函トンネル(53.85キロ)が持つ記録を上回る。
貫通式はアルプス山系中央部にあるセドルン渓谷の約800メートル地下に設置された緊急避難用の駅近くで実施。セドルンはトンネルのほぼ中間地点に位置する。
ゴッタルドトンネルはスイスの最大都市チューリヒからイタリア・ミラノに抜ける旅客の利便性向上に加え、温室効果ガスを大量に排出するトラック輸送から排出がほとんどない鉄道輸送に物流の手段を切り替える役割も担う。
青函トンネル建設のきっかけのひとつは、1954年に津軽海峡で連絡船が沈没した「洞爺丸事故」だったが、ゴッタルドトンネルに関しては、地球温暖化防止も重要な要素となっている。(共同)

どちらの記事も、青函トンネルの記録が塗り替えられた事が強調されていますが、青函トンネルが世界最長の海底トンネルである事は依然として変わりありません!
技術的には、山岳でのトンネル工事よりも海底でのトンネル工事ほうが大変でしょうし(青函トンネルの工事中は何度も出水事故が起こっています)、私としてはやはり日本の技術は世界最高レベルにあると確信しています!

|

« まるで山岳霊場のような鎌倉の銭洗弁財天 | トップページ | 定山渓温泉街にある地下観音霊場 »

トンネルの雑学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035982/37254881

この記事へのトラックバック一覧です: アルプス山脈を貫く世界最長のトンネルが今日貫通:

« まるで山岳霊場のような鎌倉の銭洗弁財天 | トップページ | 定山渓温泉街にある地下観音霊場 »