« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月12日 (月)

札幌~余市間の道路トンネル一覧

先週、所用により車で後志管内の余市町へと行ってきました。
札幌~小樽は高速道路(札樽自動車道)を、まだ高速道路が無い小樽~余市間は一般道(国道5号)を走るルートで、札幌~余市間を往復してきたのですが、このルートにはトンネルが全部で10箇所もあり、その全てが小樽市内にありました(但し畚部トンネルだけは小樽・余市の境界にありましたが)。
以下に、助手席から同乗者に撮影して貰ったその10箇所のトンネル坑門の写真を、札幌から余市へと向かう順にアップさせて頂きます。


01__2
▲ 新張碓トンネル(札樽自動車道)
銭箱IC~朝里IC間にあり、札樽道に3箇所あるトンネルの中では最も東側(札幌寄り)に位置しています。

02__2
▲ 朝里トンネル(札樽自動車道)
朝里IC~小樽IC間にあり、このトンネルを抜けるとすぐに若竹トンネルへと入ります。

03__2
▲ 若竹トンネル(札樽自動車道)
朝里トンネルと共に住宅地の真下を通るトンネルで、このトンネルを抜けると小樽の市街地が広がります。

045
▲ 砂留トンネル(一般国道5号)
延長460m。小樽の市街地にあるトンネルで、御覧のように坑門はアンダーパスのようになっています。

055__1
▲ 長橋トンネル(一般国道5号)
延長約1km(上下線で長さが少し異なります)。これも小樽の市街地にあるトンネルで、上下線が分離した構造のトンネルになっています。

065__1
▲ 塩谷トンネル(一般国道5号)
延長541m。このトンネルから先は片側1車線のトンネルになります。砂留トンネルや長橋トンネルに比べるとかなり狭く感じます。

075__1
▲ 笠岩トンネル(一般国道5号)
延長370m。塩谷トンネルを抜けるとすぐに笠岩トンネルへと入ります。

085__1
▲ 桃内トンネル(一般国道5号)
延長370m。海岸線沿いの断崖の下を貫いているトンネルです。

095__2
▲ 忍路トンネル(一般国道5号)
延長505m。少し海岸線を離れますが、このトンネルも海からはかなり近い場所にあります。

105__1
▲ 畚部トンネル(一般国道5号)
延長46m。後志管内の国道トンネルの中では最も短いトンネルで、このトンネルを抜けると余市町です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »