« 三笠市内で炭鉱の坑口跡周辺を散策 | トップページ | 明石海峡大橋へのアプローチとなる舞子トンネル »

2009年8月25日 (火)

青函トンネル開業記念下敷き

今から約21年前の昭和63年3月13日、北海道と本州を海底下で連絡する、総延長53.85kmの世界最長のトンネル「青函トンネル」が開業しました。
青函トンネルは、昭和29年の洞爺丸海難(洞爺丸を始めとする青函連絡船5隻が台風により沈没し乗客・乗組員合わせて1,430名が死亡した事故)以来、全道民がその完成を悲願としてきたトンネルで、24年間という長大な工事期間と、総工事費約6,900億円という膨大な資金、そして延べ人員約1,400万人という膨大な作業員を投入して、国家を挙げての超巨大プロジェクトとして建設が進められたトンネルでした。

その青函トンネルの開業当時に製作され、今でも私が大切に保管しているのが、以下の下敷きです(上段が表面で下段が裏面です)。

Save1880

Save1881

下敷きの表面に記されている「青函博」というのは、青函トンネルが開業した昭和63年の7月9日~9月18日にかけて、青森市と函館市の両会場で開催された「青函トンネル開通記念博覧会」の事です。

|

« 三笠市内で炭鉱の坑口跡周辺を散策 | トップページ | 明石海峡大橋へのアプローチとなる舞子トンネル »

青函トンネル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035982/31095198

この記事へのトラックバック一覧です: 青函トンネル開業記念下敷き:

« 三笠市内で炭鉱の坑口跡周辺を散策 | トップページ | 明石海峡大橋へのアプローチとなる舞子トンネル »