« アストラムラインの地下軌道 | トップページ | 八剣山トンネル »

2008年5月19日 (月)

関門国道トンネル

私は4月11日の記事で、「関門人道トンネル」を通って徒歩で関門海峡(本州~九州間)を横断してきた事を紹介させて頂きましたが、その数年前(多分今から8年近く前)には、「関門国道トンネル」をバイクで走って同海峡を横断した事があります。

そもそも、関門国道トンネルと関門人道トンネルは全く別のトンネルとして造られたものではなく、2層構造になっていてその内部で分離している一体構造のトンネルであり、そのため両トンネルのルートは完全に重複し、トンネルの出入口となる箇所だけが異なっています(人道トンネルの出入口はエレベーターです)。

関門国道トンネルは、国道2号線の一部で、距離は約3.5km(うち海底部分は約0.8km)あり、本州側の坑門と料金所は山口県下関市椋野町2丁目にあり、九州側の坑門と料金所は福岡県北九州市門司区東門司1丁目にあります。ちなみに、料金所では、普通車の場合は150円、大型車の場合は250円徴収されます。
下の写真が下関側の料金所で、このすぐ先に、関門国道トンネルの本州側の坑門があります。

Save1608

下の写真は、関門国道トンネルを本州から九州に向かってバイクで走り終えた直後、九州側の坑門を撮った写真です。
このように、九州側の坑門には大きな口を開けたフグの絵が描かれ、またトンネル内は、この写真からも分かるように片側1車線、上下で全2車線となっています。
写っているバイクは、当時私が乗っていたバイク(ホンダのゼルビス)で、九州側は、このトンネルをくぐり終えるとすぐに市街地が広がっていました。

Photo

ちなみに、関門海峡に初めて造られたトンネルは、戦時中の昭和17年に開業した関門鉄道トンネルで、国道及び人道トンネルは、トンネルの掘削には適さない地質があったり、戦争のため資材不足に陥るなどして工事が難航したため、トンネル工事に着工したのは戦前の昭和12年でしたが、実際に完成したのはその21年後の昭和33年でした。

|

« アストラムラインの地下軌道 | トップページ | 八剣山トンネル »

中国・四国・九州のトンネル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035982/21040601

この記事へのトラックバック一覧です: 関門国道トンネル:

« アストラムラインの地下軌道 | トップページ | 八剣山トンネル »